【HSPさん向け刺激対策】視覚への刺激をやわらげる方法

えんがわや

えんがわやのみきです。

今日はHSPさん向けの
刺激対策~視覚編~
をご紹介します。

目から入ってくる情報って
とーっても多いんです。
視覚への刺激を押さえると、
疲れがかなり軽減されますよ。

パソコンやスマホの明るさをおさえる

今の時代、
まったくスマホやPCを見ない
というのは難しいですよね。

ちょっとでも
画面の明るさを調整するだけ
見え方がやわらかくなって、
刺激が抑えられ、
疲れが減ります。

このようなタイプのPCの場合は
「Fn(ファンクションキー)」を押しながら
「☼-」を押す

簡単に明るさを調整できますよ。

サングラスをかける

日本人って、
あんまりサングラスをかけませんよね。
海外では季節を問わず、
外出時はサングラスをかける人が多いです。
(目の色の違いで刺激の受け方が違うらしいです。)

目立つかな・・・?
かっこつけてると思われるかな・・・?
なんて
どうしても気になってしまう方は、
薄めの色付きメガネや、
ダテメガネでも十分
です。

私は夏の外出時は
必ず、サングラスをかけて
歩きます。

慣れてくると、
「周りは自分がサングラスをしていることなんて、
全く気にしていない」
ということに気が付きます。

好きな色のハンカチを眺める

電車内で
動く景色、
広告、
人の表情、
持ち物
などなど・・・
刺激に疲れてしまいそうなときには、
自分のお気に入りのハンカチを
眺める
のがおすすめです。

ハンカチは
自分の好きな色のものを選ぶと、
心もほっこり
します。

お部屋の物を減らす

これは私自身、
引越しを機に
物を大幅に減らしてみて、
かなり効果がある!と感じました。

具体的には…

●家電を減らす(テレビ・炊飯器の断捨離)
●柄物を無くして無地にする
●キャラクター物はお気に入りの物だけ数個
●細かなものは収納ボックスに入れる

無意識のうちに
目に入ってくる情報が減る
ので、
自分にとって居心地の良い、
落ち着くお部屋になりました。

参考になれば嬉しいです。
えんがわやは、ゆるほっこりをお届けするInstagram・Twitterもやっています。あなたのHSP対策も是非、教えてください♪

トップへ戻る